ハイエースの同色ツートン全塗装をしました!

瀬戸市のS様よりハイエースの同色ツートン全塗装を承りました。

まずは現車を確認してみましょう。
経年劣化により全体的に色褪せが進んでいますね。
まだまだ乗り続けたいとのことで今回の全塗装の決断に踏み切られたようです。

まずは分解作業をしていきます。
バンパーやミラーといったボディーに取り付けられている外装部品を外していきます。
全塗装とあればフロントガラスやリアガラスを外す場合もあるのですが、今回は予算の都合ということもあり外さずに塗装することになりました。

分解を終えたら下地作業に取り掛かっていきます。
深い傷やヘコミは無かった為パテで埋める等の作業は必要が無かったので、
色あせが特に酷い場所などサフェーサーが必要な場所のみサフェーサーを吹きました。
サフェーサーを入れることによってパテが必要がない程度の小さい傷などは消えますし、旧塗膜の状態が悪いところでは剥離防止にもなったりします。

車一台サフェーサーを入れると高くなってしまいますが、
お車の状態にもよりますが予算の都合によりこうした部分的にサフェーサーを入れて作業することが可能です。

直射日光が一番当たり劣化の激しかったルーフは一面にサフェーサーを入れました。

いよいよ色の塗装に入っていきます。
今回はツートンなので下側から塗っていきます。
その為、まずは上側をマスキングしました。
不必要な所へ塗料がかぶらないように丁寧に養生シートやビニールを使いマスキングしていきます。

ベースを塗って少し乾燥させ、クリアーを塗って完全に乾燥させます。
これで下半面の塗装が完了しました!

次は上半面の塗装をしていきます。
フロントガラス等のガラスの隙間から塗料が入らないよう丁寧にマスキングをしていきます。
マスキングが完了したら上半面の塗装に入っていきます。

上半面も同じようにベースを塗り少し乾燥させてからクリアーを塗って完全に乾燥させます。
この後バンパーも同じように塗装をして、全ての塗装が完了しました!!

乾燥が終わり、マスキングを外しました。
今回は予算の都合によりガラスをつけたままマスキングをして塗装しました。

ですが、ご希望によりガラスを外して作業することも可能です。
ガラスを外さないでマスキングした状態ですと、マスキングの見切りの跡が覗けば見えてしまいます。
モールもマスキングで隙間を空けて塗装し、乾燥させるのでモール自体が多少劣化することがあります。
ガラスを外すメリットはこうしたことを防ぐことができます。

塗装作業が全て終了したら、外した外装品の組み立てをしていきます。
組み立てが終了しましたら、塗装で付着したブツや埃といったものを点検していき全体的に磨きをかけて綺麗にしていきます。
全て終了したら太陽光へ当ててチェックします。
これで全塗装の作業は完了です!

納車した時に、生まれ変わった状態のハイエースを目にしてお客様が喜んでいたのが印象的でした。


いつまでも大切に乗りたい・色あせが気になる・凹みが気になる・色を変えてイメチェンしたいなど、お客様のご要望やご予算をお伺いしてご提案させて頂きますので、先ずは、小牧市のティー・アール・シーにご連絡お待ちしておりますm(_ _)m