ランドクルーザーの同色全塗装をしました!

買い替えを検討しているお客様から、ランドクルーザーを当社で買取りをさせて頂き同色の全塗装をしました。

まずは現車を確認していきます。
ボンネット・ルーフに塗装が剥がれている部分があり、フロントバンパー・右ドア・左右クオーターパネルにキズやヘコミがありました。

早速作業へ入っていきましょう!
今回は同色塗装というのもあって分解は最小限にしました。バンパー・ヘッドライト・テールレンズやミラーなど取り外しましたが、ドアのモールなどはマスキングのまま塗装を進めていきます。

まずは塗装の剥がれた部分や凹んだ部分の確認をするために、全体的に研いでいきます。
キズやヘコミは深さを確認してから下地作りをしました。
ボンネットは塗膜の劣化がかなり進んでいましたので、下地作業はどうしても手間がかかってしまいます。
その場合、下地作業に費用がかかってきます。

ルーフやボンネットなどは車体の中でも日光を受けやすい場所なので塗膜の劣化が起こりやすい部分です。
次にサフェーサーを入れていきます。
ボンネットは状態が良くなかったので全体的にサフェーサーを入れて、その他は部分的に入れました。

サフェーサーを吹いた部分を少し研いで、下地は完成しました。
いよいよ色を塗っていく作業に入っていきます。
まずはマスキングをしていきます。マスキングが完了したら、塗装をしていきます。
ベースカラーを塗って少し乾燥をさせたら、クリアーを塗っていきます。

今回は同色塗装で、予算にも限りが有ましたので最小限で済むようバンパーや給油口といったパーツのみ分解して、ドアの内側やボンネットの裏側等は塗りませんでした。
同色の場合は、内側を塗装しないのでそのまま外側だけ塗ればいいのですが、色替えの場合は元の色と新しい色で大きく変わる場合は内側を塗ることをオススメしています。
その場合、ドアやボンネットやリアゲートといった分解できるパーツは分解して塗ります。

このあとバンパー等も塗装して、マスキングを剥がし組み立てして完成です!
塗装ブースを導入しているので全塗装も比較的ブツも少なく綺麗に仕上がります。
全塗装した後は新車に戻ったようで、きっと洗車も楽しくなると思います。

いつまでも大切に乗りたい・色あせが気になる・凹みが気になる・色を変えてイメチェンしたいなど、お客様のご要望やご予算をお伺いしてご提案させて頂きますので、先ずは、小牧市のティー・アール・シーにご連絡お待ちしておりますm(_ _)m