三菱 パジェロ リンクスV 色替え全塗装をしました!

 今年も残すところあとわずかとなりました\(-o-)/
 
 今回は、名古屋市南区に在住の K 様より、愛車の全塗装の御依頼を頂きました!
お車は三菱のパジェロ リンクスVが入庫しました。
お話を伺うと現行色から、スズキの純正色ミルクティーベージュメタリック」というカラーに色替えしたいとのことでした(^^)

 ミルクティーベージュというネーミングに惹かれて調べてみたら、このような色味でした。
名前の通り柔らかい色合いで、可愛いらしいイメージのカラーですね!

 どんな仕上がりになるのか楽しみです(^^)

スズキのアルト(カラーNo,ZGF ミルクティーベージュメタリック)

部品を脱着する

 さっそく、塗装の準備に入っていきますので外装部品を脱着していきます。

下準備をする

下地処理

 さきほど脱着した部品を作業台へセットしました!
ここから塗装の下地作りとして準備を進めていきます!

 錆やヘコミ、色褪せがひどい箇所はペーパーで研磨してから、サフェーサー塗装をする前に表面を均一にするための下地材)を塗布します。

マスキング

 下地処理が終わったら次に「マスキング」という作業を行います。
マスキングとは、塗装をする際に不必要な箇所へ塗料が付かないよう、テープなどを使って保護する工程の事をいいます。

 車両本体も同様にマスキングしました!
部品よりも広範囲になるため、隙間から塗料が入り込まないよう、ビニールシートも併用してしっかりと養生していきます。

塗装する

部品を塗装する(1色目)

 今回はミルクティーベージュへの色替えですが、締め色に艶消しのブラックを取り入れた塗装をしていきます!
まずは外装部品となるドアミラーリアバンパースペアタイヤカバーのビフォーアフターから。

 金属素地だったエンブレムやメーカーロゴも、統一感を出すために同じ艶消しのブラックを塗りました!

 塗装直後の画像になりますのでまだ艶が多少ありますが、ここから乾燥をさせていくと完全に艶が無くなります。

部品を塗装する(2色目)

 次に今回のメイン、ミルクティーベージュメタリックを塗っていきます!
脱着した部品のうちリアゲートは本体部分になるので、車両のカラーになる色を塗装しました!

車両本体を塗装する(2色目)

 最後に車両本体を塗っていきます!
部品よりも範囲の広い塗装となりますので、塗装ムラ液ダレには充分に注意して取りかかりました。

 美味しそうなミルクティー色に染まりました。。(-o-)
塗装前の色褪せもすっかり分からなくなり、全体が柔らかい雰囲気になりましたね!

 色味が淡いため一見ソリッドのようにも見えますが、今回はメタリックなので光が当たる所がキラキラに見える塗装になります!

 三菱のシンボルマークも、仕上がりの統一感を出すために同色で綺麗に塗り直しました

組み付けをする

  車両と部品の塗装が終わり、しっかり乾燥をさせたのでいよいよ組み付け作業に入っていきます!

 色褪せ・塗装ヒビ・錆などが所々出てしまっていた元の姿が想像つかないほど、新車のようなツヤを取り戻しました(^^)

 フロントフェイス周りは、ブラックでまとめたことでぐっと締まった感じになっていますね!

( 雪の日に撮影したので水滴が付いてしまって分かりづらいですが、、(._.) 
 ドシっとしたような圧倒的な存在感は、艶消しならではの魅力です(^^)

完成

 パジェロ特有の3ウェイツートンも素敵でしたが一転して、流行りのニュアンスカラーに生まれ変わりました!(^^)!

 納車の際には、ユーザー様にも大変喜んで頂くことが出来ました!
これからも是非、リフレッシュした相棒として大切に乗り続けてくれることを願っています(^^)

 このように当社では、確かな技術を持った職人が自信を持って施工させて頂きますので、
愛用されているお車の色褪せが気になる
長年乗り潰したのでそろそろイメージチェンジしたい
中古で購入されたお車を自分好みの色にカスタマイズしたい
などでお悩みの方や、全塗装を考えられている方は是非、お気軽に小牧市のティー・アール・シーまで御連絡ください。お待ちいたしております(^^)