ジムニー(JB23)の全塗装をしました!

今回はスズキ ジムニーの全塗装を紹介したいと思います。
まずは施工前の画像から。
大きな傷もなく全体的に綺麗な印象です。
今回は色替えなので最低限の分解ではなく、ドアを外しドアの内側や開口部まで塗っていく仕様になります。

まずはドアやリアゲートを外して、凹みや傷を確認して下地作業をしていきます。
小さな傷があった場所にはサフェーサーを入れました。
こうすることによってパテを入れる程でもない程度の小さな傷などは消えます。
予算に余裕があれば旧塗膜との密着性を上げる為に全体的にサフェーサーを入れる車も有ますが、
今回は全体的に施工前の塗面が綺麗だったというのもあり、部分的なサフェーサーを入れることになりました。

ボデーも同様に作業をしていきます。
ご予算によってはガラスを外して作業することもありますが、今回はガラスを外さず作業をすることになりました。
ご希望によりガラスを外して作業することも可能です。
ガラスを外さないでマスキングした状態ですと、マスキングの見切りの跡が覗けば見えてしまいます。
モールもマスキングで隙間を空けて塗装し、乾燥させるのでモール自体が多少劣化することがあります。
ガラスを外すメリットはこうしたことを防ぐことができます。

全塗装の準備として全体的に研ぎを入れていき、傷などがあった所はサフェーサーを吹きます。
今回はボンネットやドアやリアゲートを外しての施工になりますので、開口部も研いでいきます。

全体的に研ぎが終った後、マスキングをしていきます。
開口部も塗装しますので、ゴムがついて隠れる部分等へマスキングをしていきます。

ツーコートの塗装なので、ベースを塗って少し乾燥させた後にクリアーを塗って完全に乾燥をさせます。
メタリックのブルーからソリッドのグレーへの色替えは部品を組む前からもガラッと雰囲気が変わった感じがわかりますね。
色替えする時に前の塗装の色がわかるよりも、ドア内や開口部を塗るといった選択をすることによって完成度が格段に上がります。

スペアタイアカバーのブルーの部分も本体と同色に塗装をしました。
シルバーの部分は色替えした後のグレーとの相性もいいので、そのまま残すことになりました。

本体の塗装を終えて、バンパーやオーバーフェンダーといったパーツを全体的に研ぎを入れました。
ミラーの部分など必要な部分はマスキングをして、塗装の準備をしていきます。

今回はツートン仕様になります。パーツはマットブラックに塗りました。
クリアーを塗装しないので、光沢がなく磨きも出来ませんが重厚感があり締まった感じの塗装になります。

作業中の写真はないですが、ホイールもマットブラックの塗装を施しました。
ホイールは他のパーツ同様、ホイールについた油を洗い足付けをして必要があればサフェーサーやパテ等などを入れて塗装をしていきます。
マットブラックはクリアーが無いぶん傷つきやすいので、組み付けの際は慎重に組み付けます。

全て塗装が完成して、ブツなどを取るための磨きをして外ていたドアやミラーなどの部品を組みました。
施工前のブルーメタリックの時とはガラッと変わりましたね!
バンパーやドアノブやホイールといったパーツをマットブラックにしたことにより、より締まった感じでカッコいい感じになりました。

ドアを外してドアの内側や開口部を塗ったことにより、施工前のメタリックブルーが一切なく全塗装をしたなんて分からない新車のような状態になりました。

ガラッと生まれ変わりましたね!
今でもジムニーはどの年代も人気なので、全塗装をすれば昔のジムニーでも今っぽくなります。
なのでジムニーをまだまだ乗り続けたいという方や雰囲気を変えたい方にも全塗装はオススメです。

いつまでも大切に乗りたい・色あせが気になる・凹みが気になる・色を変えてイメチェンしたいなど、お客様のご要望やご予算をお伺いしてご提案させて頂きますので、先ずは、小牧市のティー・アール・シーにご連絡お待ちしておりますm(_ _)m