ジープ チェロキーの全塗装をしました!

今回はジープ チェロキーを全塗装したので紹介したいと思います。
まずは施工前の画像から。

左側のフロントドアとリアドアが大きく損傷をしていました。
板金でももちろん直すことができますが、ここまで大きく損傷をしていると
予算の都合にもよりますが、比較的新しい車はドアを交換をすることをオススメしています。
今回は全塗装なのでドアを交換し、新車のように綺麗にしていきたいと思います。

まず全塗装の準備をしていきたいと思います。
左のドア以外は綺麗な状態だったので、全体的にペーパーで研ぎを入れます。
面を確認しながら小傷や凹みを確認しましたが見当たらなかったのでサフェーサーは入れませんでした。

今回は色替えになるのでボンネットやドアは外して内側まで塗る仕様になります。
丁寧にマスキングして内側までしっかり塗料が密着するように研ぎました。
フロントガラスやクオーターガラスは今回は外さずに施工をしました。
外すことのメリットはモールが痛むことがないことや、モールの中を覗いた時にマスキングの見切りが分からないといったことがあげられます。
どうしても費用がかかってしまうことなのでお見積もりの際にご相談ください。

内側まで研ぎが終わり、マスキングも隙間なく貼り終えたらいよいよ塗装に入っていきます。
今回はソリッドのベージュを塗りました。

今回は艶消しではなく、クリアーを吹いた仕様になりますのでソリッドの重厚感もありつつ艶があって高級感も出ましたね!
本体の塗装が終わったら、ボンネットやバンパーや小物の塗装に入っていきます。
本体と同じように、しっかり研ぎながら面を確認して必要があればサフェーサーを入れていきます。
サフェーサーはパテを入れるほどではない小さな傷や凹みといった物が埋まり塗装の密着性もあがります。

下地も終わって塗装に入っていきます。

塗り終わって、残りのドアやリアゲートも研ぎました。

ドアやリアゲートの塗装も完了していよいよ組み付けに入っていきます。

組み付けまで完了しました!
ソリッドのベージュでトレンドに乗った感じのチェロキーになりましたね!
画像にはありませんが、サイドミラー等の部品は艶消しの黒に塗装をしました。
自然な塗り分けをするととても引き締まってかっこよくなります。

ドアも交換して、ドア内も塗装済みなのでこれが全塗装車だと分からないくらいに
新車の輝きを取り戻すことができました!

いつまでも大切に乗りたい・色あせが気になる・凹みが気になる・色を変えてイメチェンしたいなど、お客様のご要望やご予算をお伺いしてご提案させて頂きますので、先ずは、小牧市のティー・アール・シーにご連絡お待ちしておりますm(_ _)m