メルセデス・ベンツ Gクラスの全塗装をしました!

今回はメルセデス・ベンツ Gクラスの全塗装を紹介していきたいと思います!
軍用車両である「ゲレンデヴァーゲン」を由来としている車なので、ベンツのゲレンデヴァーゲンと聞いた方がピンと来る方も多い車ではないでしょうか。
まずは施工前の画像から。

一部ツヤが引いている部分もありますが、大きな傷や凹みもなく綺麗な状態での入庫でした。

分解から紹介をしていきたいと思います。
今回は色替えなのでボンネット・フロントドア・リアドア・リアゲートといった大きなパーツも外して全塗装をしていきます。

部品を外した部分やガラス、タイヤと言った塗料がかかって欲しくない部分にマスキングをしました。
フロントガラスやクオーターガラスやモールは今回は外さずに塗る仕様になりました。
外して塗るメリットはマスキングの見切りがモールを覗いた時に分からないことと、全塗装によるモールの劣化を防ぐことができます。
ただ見積もり金額が上がる部分でもありますので、見積もりの際にご相談ください。

フェンダーの上面は塗装の劣化が進んでいてツヤが引いている状態だったので、サフェーサーを吹いて下地を綺麗にして塗装の密着性をあげています。
クオーターの一部もサフェーサーを入れ、あとは綺麗でしたので全体的に軽く研ぐだけになりました。
これで塗装準備は完了です。

本体の塗装が完了しました。
今回は緑のソリッドカラーになりました。

次にボンネットやドア類やタイヤカバーの表面を塗っていきます。
フロントドアやリアドアのガラス付近に小さな傷がありましたのでサフェーサーを入れて、
他は全体的に研ぎました。

大きなパーツの塗装が完了しました。
これで本体色の塗装は全て終わりです。

次は細かいパーツをマットブラックに塗っていきます。
最近はマットブラックを合わせたツートン仕様の全塗装が本当に多いですね!
本体のフェンダー同様、日光によってツヤが引いて塗装が傷んでいた部分にはサフェーサーを入れました。
タイヤカバーの側面はメッキでしたが、マットブラックを塗って統一感を出していきます。

マットブラックの塗装が完了しました。
マットブラックはクリアーを塗らず、磨きもできない為ブツや埃と言ったものが載ったあと磨きによる修正ができません。
なのでそういうものが載らない様に気をつけながら塗装をしました。
これで全ての塗装が完了です。

組み付けも全て完了して全塗装は完了です!
軍用車両が由来しているのも合って、グリーンとマットブラックを合わせた塗装がとても合っていますね!
入庫した時は一部ツヤが引いている部分もありましたが、そこも綺麗になって新車の様になって
納車の時はとても喜んでいただけました!

いつまでも大切に乗りたい・色あせが気になる・凹みが気になる・色を変えてイメチェンしたいなど、お客様のご要望やご予算をお伺いしてご提案させて頂きますので、先ずは、小牧市のティー・アール・シーにご連絡お待ちしておりますm(_ _)m