スズキ キャリィの全塗装をしました!

今回はスズキのキャリィの全塗装のご紹介をしていきたいと思います!


最近はソロキャン等の需要で軽トラのカスタムが流行っていたり、軽トラもカスタムしておしゃれに乗る方が増えてきました。
依頼者の方は自家用車の貨物用として中古で購入された様ですが、元々あった傷や経年劣化による塗装面の色素沈着等が気になったそう。
そうした古傷等を直すついでにと何かカスタムを出来ないか探していたところ、当社のホームページで全塗装に興味を持っていただいた様です。
まずは施工前の画像から見ていきましょう。

大きな凹みや傷はないですが、小傷があったり全体的に色褪せが進んでしまっていたり、ドアの開口部は塗装の劣化もあってか黄ばんでいる状態でした。
今回の全塗装は大きく色替えをするのもあって、シートを脱着し塗れる部分は全て塗っていく仕様になりました。

まずは分解をしていきます。
軽トラは他の乗用車と比べて塗装面の露出が多い車なので、シートの部分も外して分解できるパーツは全て分解をしていきます。
室内も塗るのでドアも外しました。
分解の写真はないのですが、荷台のあおりの部分(荷台側面のパーツ)も外しました。

大きな傷のない車だったのでパテ等を使った下地処理はせず、全体的に研ぎました。
室内の塗れる部分は塗っていく仕様なので、塗料のかかって欲しくない場所にするマスキングも丁寧に貼っていきます。
これでいよいよ塗装の準備が完了です。

ベージュのソリッドに塗りました。
あおりの下の部分は塗り分けをするので、綺麗に塗ってはいません。

次は外したパーツを塗る準備をしていきます。
細かい傷があったパーツについては、サフェーサーを吹いて小さな傷や塗装の密着性をあげています。
その他は全体的に軽く研いでいます。

塗り終わりました!
次はあおりの部分を塗る準備をしていきます。

あおりの部分は裏も表も塗るので、台車で吊って塗るようにしました。

あおりも塗り終わりました!
次は塗り分け部分の塗装の準備をしていきます。

台車に吊るせるものは吊るします。
あおりのヒンジの部分は塗り分けなので、先に塗った本体色に塗り分けの色がかぶらない様にヒンジ以外の部分をマスキングしました。

今流行りのマットブラックに塗り分けをしたツートンになります。
エンブレムやヒンジの細かい部分もちゃんと塗り分けることで、アクセントになったり浮いた状態にならず纏まって見えるようになります。

本体も再度マスキングをして、荷台の下側をマットブラックに塗装しました。

最後にホイールも塗装をしていきます。
ホイールは油分が多く付着しているパーツになります。
しっかり付着している油分を落とさないと塗料がのらず弾いてしまうので、しっかり洗剤で落として足付け作業をしていきます。

これも塗り分けした色と同じくマットブラックに塗装をしました。
あとは組み立てをしたら完成です!!

無事完成しました!
見違えるようなかっこいい軽トラになりましたね!
軽トラの鳥居の部分もマットブラックに塗ったので、アウトドア感のある仕上がりになっていると思います。
室内も塗装が見える部分は全部塗ったのでまるで新車のようになりました。
ドアの内側や開口部といったところは塗らない選択も予算や色の変化があまりなかったりすると塗り分けをしない選択もありですが、
今回は全塗装によって色が大きく色が変わっているので、きっちり室内も塗ることによって満足感がよりあると思います。

いつまでも大切に乗りたい・色あせが気になる・凹みが気になる・色を変えてイメチェンしたいなど、お客様のご要望やご予算をお伺いしてご提案させて頂きますので、先ずは、小牧市のティー・アール・シーにご連絡お待ちしておりますm(_ _)m