フォルクスワーゲン ヴァナゴンを全塗装しました!

今回はフォルクスワーゲンのヴァナゴンの全塗装を紹介していきたいと思います!

まずは施工前の画像から。

外装も綺麗な状態で、目立った傷や凹みは見られませんでした。
今回はフォルクスワーゲンの定番色ネイビーからツートンカラーへ色替えのご要望なので、ドアの内側や開口部も塗っていきます。

まずは分解をしていきます。
写真はまだフロントドアが付いていますが、これも全て外し内側や開口部を塗る準備をしていきます。

フロントガラスやクオーターガラスを外すこともありますが、予算の都合上外さない仕様になりました。

フロントドアも外してマスキングをし、全体的に軽く研いでいきます。
研いでいく際に細かく傷や凹みも確認をしていきます。
少し傷があったのでサフェーサーを吹いていきます。
サフェーサーを吹くことによって、小さな傷や凹みは消えて塗装の密着度が上がります。
全体的にサフェーサーを吹くこともありますが、今回は全体的に綺麗だったので部分的にサフェーサーを吹くのみに留めました。

今回の1色目はグレーのソリッドに塗りました。
ルーフも高くワイドボディでルーフを塗るのが大変ですが、慎重に塗っていきます。

次に単体部品の塗装へ入っていきます。
まずは本体の色と同じ色を塗っていこうと思います。
塗らない部分にマスキングをして、台座にセットしました。
ボンネットも少し傷がありましたので、サフェーサーを入れました。
下地が全て終了をしたら、塗装へ入っていきます。

塗装が終わりました!
今回は単体点数が多いので、もう一回転していきます。

スライドドアやリアゲートを塗っていきます。
1回目の単体を塗った時同様、台車に吊るしてマスキングをし、軽く研いでいきます。

写真はないですが、本体同様のグレーを塗り終わりました。
次は2色目のマットブラックを塗っていく作業に入っていきます。
塗らない所はマットブラックが被らない様に丁寧にマスキングをして研いでいきます。

マットブラックを塗りました。
マットブラックはクリアーを塗りません。
その為ブツや埃が付着してしまった際に磨くことができないので、ブツや埃が乗らないように丁寧に塗りました。

ドアの部分は細かい部分の塗装でしたが、組み付けした時に良いアクセントになります!
次は塗り分けなしのマットブラック塗装です。
軽く研いで、バンパーの一部にサフェーサーを入れました。
ドアノブやミラーも今回は本体色ではなく、マットブラックでアクセントを入れるような塗装です。

塗り終わりました!いよいよ塗装も終盤です!

最後はエンブレムを塗っていきます。
元のメッキだとソリッドのグレーやマットブラックに当てると結構目立ってしまいます。
最近は目立たないようにバンパーや本体の色と同色に塗られることも多いですね。

塗装も終わったので今度は組み付けをしていきます。
ドアの合わせ目は取り付けの際に当たって塗装がかけてしまうことがあるのでマスキングテープで養生をしています。
マットブラックに塗ったバンパー等は後々傷が付くと補修が大変なので、慎重に取り付けをしました。

全て組み付けが終わったら磨きをしました。
マットブラックの部分は磨くことができませんが、本体のソリッドはクリアーを塗っているので
ブツや埃をペーパーで研いで磨いていきます。

全ての作業が終了しました!
定番のネイビーとは違ってまたガラッと雰囲気が変わりましたね!
最近のトレンドである塗り分けも本体のグレーとマッチしてかっこいいですね!!
エンブレムもメッキだった部分がマットブラックになっているので、目立たず違和感がない状態になっています。
開口部やドア内も塗っているのでどこを開けても新車のような状態になりました。

いつまでも大切に乗りたい・色あせが気になる・凹みが気になる・色を変えてイメチェンしたいなど、お客様のご要望やご予算をお伺いしてご提案させて頂きますので、先ずは、小牧市のティー・アール・シーにご連絡お待ちしておりますm(_ _)m