クライスラージープ ラングラー アンリミテッドの全塗装をしました!

今回はクライスラージープ ラングラー アンリミテッドの全塗装をしたので紹介していきたいと思います。
近年のアウトドア人気もあってかSUVの人気が高まっていますね。
ジープのラングラーも元々が軍用車のデザインからか、その無骨さと大きくて存在感のある車でキャンプ等にとてもぴったりな車だと思います。

そんな人気が高まってきたラングラーを気分転換に色替えしたいと、全塗装の御用命を頂きました。
まずは施工前の画像から見ていきましょう。

大きな傷や凹みはないですが、全体的には比較的綺麗な印象ですが、一部は艶が引いた状態でした。
大きく色替えをするので、開口部やドアの内側も塗っていく仕様になりました。

まずは分解をしていきます。
ドアやボンネットやカウルトップ等は外しました。
元のラングラーのオーバーフェンダーは別の色ですが、塗り分けはせず本体と同色を塗るので分解はしませんでした。

本体は比較的綺麗な状態だったので、全体的に軽く研いで下地を作りました。
クオーターやルーフは塗らない仕様になるので大きくマスキングをしました。

ゴールド系のメタリックに塗りました!
メタリック系への色替えは高級感が増しますね。
次は外したパーツの下地を作っていきます。

ボンネットやカウルトップは日光に弱い赤色のソリッドという色もあってか、
直射日光によって元の塗装状態が良くなかったので全てサフェーサーを入れました。
サフェーサーを入れることによって小さい傷や凹みも消えますし、状態が悪かったパーツの上に塗る塗料の密着性も向上したりします。

ドアは塗装をしやすく台車に吊った後、元から貼ってあったプレートなどは取らずにマスキングをしました。

外した部品の塗装準備に入っていきます。
ドアやリアゲートの一部は部分的にサフェーサーを入れました。
今回は細かな塗り分けもなくボデーと同色で、大きい車ですが軍用車のデザインということもあってかパーツの点数も少ないので一気に塗っていきます。

パーツの塗装も完成しました!
しっかり乾燥をさせて次の工程に入っていきます。

全て塗り終わって感想をさせたら、塗面の状態をより綺麗にするために磨きました。
磨くことにより塗装時に付着した埃やブツといったものも綺麗になります。
予算によって磨かない選択もできるので、お見積もりの際には気軽に相談してください。

最後に組み付けに入っていきます。
パーツ1点1点が大きく重たい為、取り付け時は2人以上で作業し慎重に取り付けをしていきました。
アウターハンドルやドアミラーは塗らなかったのですが、ゴールドのメタリックに色替えをしたのでそのままつけても違和感がなく統一感が出ていますね。

ボンネットとカウルトップも載せて完成です!
アクセントとしてフロントグリルはあえて塗らず、その分エンブレムも大きく目立ち唯一無二の仕上がりになりました。
ソリッドの時とは違いメタリックならではの艶感もあって、より高級感が出ましたね。

ドアの内側や開口部も元の塗装を予算や色によっては塗らない選択もできます。
大きく色替えをする場合は、塗った方が違和感もなく新車のような仕上がりになるので満足度も上がりますがお見積もりの際にご相談頂ければと思います。

いつまでも大切に乗りたい・色あせが気になる・凹みが気になる・色を変えて気分を変えたいなど、お客様のご要望やご予算をお伺いしてご提案させて頂きますので、先ずは、小牧市のティー・アール・シーにご連絡お待ちしておりますm(_ _)m