メルセデス・ベンツ Sクラス ツートン塗装をしました!

今回は、メルセデス・ベンツ Sクラスのツートン塗装の依頼を頂いたのでご紹介したいと思います。
お見積もりの際に話を伺ったところ、メルセデス・マイバッハのSクラスの様にしたいということだったので、元のシルバーの塗装も残しつつ腰下の部分のみを塗装することにしました。

この様な全塗装に限らずあの車の様な塗装にしたい!というご要望に沿うことも可能ですので見積もりで一度相談を頂ければと思います。


施工前の状態

大きな傷や凹みはなく綺麗な状態です。
バンパーはマイバッハ風のパーツに交換し、塗装することになりました。
(形状の違うバンパーに交換をする際はフィッティングの状態によって加工が必要なものもあります。一度ご相談ください。)

塗装準備をする

塗装準備をしていきます。

分解

元の塗装を残して腰下のみ塗装をしていきますが、ドア内や開口部まで元々その塗装であったかのようにする為にドアも分解をしていきます。
バンパーも本体とは別々で塗装をする為に、外して下準備をしていきます。

マスキング

マイバッハの様にツートンの仕様にするためにマスキングをしていきます。

ここで数ミリずれても完成した時にそのズレが違和感になってしまうので、
完成をイメージしながら、見切りのマスキングは慎重に丁寧に作業をしました。

ドアの内側も開口部との繋がり等に違和感を持たせないように丁寧にマスキングをします。

全体的に綺麗な状態でしたので、パテやサフェーサーといった下地も必要なく
軽く研いで塗装に入っていきました。

塗装

本体の塗装とドアの塗装をしました。
塗色はメルセデス・ベンツの純正色「セレナイト・グレー」を調色したものを塗りました。
少し青みのある上品なガンメタっぽい感じでしょうか。

アウターハンドルやバンパーも同様に軽く研いで塗装をしていきます。

塗装が完了しました。
遠赤外線のヒーターでしっかり乾燥まで完了したら、組み付けに入っていきます。

組み付け

外したドアやバンパーを組んでいきます。
マスキングの部分を剥がす際には見切りの部分が勢いで欠けない様に慎重に剥がしました。
組み付けの際もマスキングの段階で慎重にドアの見切りの部分のマスキングをやっていますが、
実際に組んでみてズレがないか等をチェックしながら作業をします。

ばっちり見切りの部分が合うと安心しますね。

ドアを組んだ状態で、見切りや合わせの確認もしつつ塗装の際にのってしまったブツや埃、その他塗装の不具合がないかを確認しながら磨いていきます。
塗装の仕上げの希望によっては全面を磨いたりもします。
お見積もりの際にご相談ください。

完成

完成しました!
元の色がシルバーということもあって、グレーに塗った部分との相性も良くマイバッハっぽくなったのではないでしょうか。
ドアの内側や開口部も丁寧に見切りをして作業をしたので、元々がその塗装であったかのような仕上がりになりました。

いつまでも大切に乗りたい・色あせが気になる・凹みが気になる・色を変えて気分を変えたいなど、お客様のご要望やご予算をお伺いしてご提案させて頂きますので、先ずは、小牧市のティー・アール・シーにご連絡お待ちしておりますm(_ _)m